コールセンター適性

それではコールセンターの仕事に向いている人とは、どんな人でしょう。一体どんな適性を持ち合わせている人がオペレーターとしてよいのでしょうか。先述した通り、接客に欠かすことのできない「相手の立場を慮る」ことのできる人、たとえば人の話しにじっくり耳を傾け、内容を理解し対応できる人、観察眼のある人、マニュアルはもちろんのこと不測の事態にも臨機応変に対応できる力のある人は非常に好まれます。

そして、なんといっても電話での仕事ですから、声の質やトーンはとても重要です。そして語り方は朗らかで快活であること、たとえ低い声質であっても語り口が柔らかく優しければ、相手に決して不快感を与えることはありません。逆に甲高く早口であると、あまりよい印象を与えるものではありません。声が命のミュージシャンや役者の卵たちがコールセンターのアルバイトをする例が多いのは、声を活かした仕事だというところにも理由があるのかもしれません。

あとは、なんといっても明るく積極性のある人が重宝されます。コールセンターの特性でクレーム対応などは日常茶飯事で、ちょっとしたことでもマイナス思考になりつまずいてしまう人は、コールセンターの仕事は多少きつく感じるのではないでしょうか。精神面が成熟しており、どんなことにも明るく前向きに対応できる強さがある人は、コールセンターの仕事に向いているといえます。