良いオペレーターとは

コールセンターに欠かすことのできないオペレーターですが、よいオペレーターになるためには、どのように努めたらよいのでしょうか。人当たりのよさやどんなお客様にも愛想よく接することのできる資質というのは、努力や経験からは培うことのできない部分があります。それは、もって生まれた天性のものが強く、この部分に関しては向き不向きがあることを認めざるを得ません。

しかしながら、業務に関する知識、商品知識、回答力の速さなどは努力や訓練で身につき、さらに向上させていくことができます。つまり、天性のものは備わっていなくても、努力と技術でそれをカバーすることは可能です。要は誠実に対応することが一番ですから、自分に足りない部分を努力で補う、愛嬌はなくても知識力と即対応できる正確かつスピード感で、お客様からの信用を勝ち取ることは可能ということです

逆に愛嬌はあっても知識や対応力がなければ、信頼の置けない頼りないオペレーターに終わってしまう可能性もあります。愛嬌という資質と知識を身につける努力、高い対応力すべてが備わっていれば無敵ですが、なかなかそのような逸材は簡単にはいません。しかし、天性のものよりも努力で得たもののほうが、お客様の心を動かすに違いありません。とてもやりがいのある仕事です。興味がわいた方はコールセンターの求人を見て応募をしてみてはいかがでしょうか。